social×share=soshare 社会の問題をシェアで解決! soshare houseで彩りある暮らしを。
文字サイズ
ホーム
ホーム ソーシェアハウスとは 訪問記 ニュース ソーシェアハウスを探す メンバー登録 プロデュースハウス
検索
ID PASS
ID・PASSを忘れた方はコチラ
ホーム > ニュース
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
入居者に聞いた!シェアハウス生活での気まずいシチュエーション4パターン
昨今、都心で急速に増えたシェアハウス。手頃な家賃や、居心地の良い共有スペース、家に帰っても誰かがいる安心感などもあってか、とっても人気ですよね。テレビドラマや恋愛バラエティでも取り上げられ、“シェアハウスラブ"に憧れて入居する人もいるのではないでしょうか?
ただ、このような良いことばかりではもちろんありません…。他人と一緒に住むということは、それだけさまざまな出来事が起こるのです。そこで今回は、シェアハウス入居者に聞き取り調査し、シェアメイトと気まずい思いをした体験を聞いてみました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/29/183/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2014.11.29
“共有空間を楽しめる"ことが重要!? シェアハウスに向いている人って?
「家電や家具が備え付けでリーズナブルに生活できる」「複数の人と同じ屋根の下で暮らしているという安心感がある」など、さまざまな良さがあるシェアハウス。一方、「知らない人との生活」「キッチンやトイレ、バスルームなどが共有」など、なかには抵抗を感じている人もいると思います。今回マイナビ賃貸では、マイナビニュース会員300人を対象に、どんな人が「シェアハウスに向いていそうだと思うか」について調査しました。

詳しくは、「マイナビ賃貸」内の
http://chintai.mynavi.jp/contents/research/20141128/re110/
まで。

マイナビ賃貸 http://chintai.mynavi.jp/
2014.11.28
シングルマザーら中心 子育て、協力得られるメリット
知らない者同士が、一つ屋根の下で共同生活を送るシェアハウス

単身者の入居が中心だが、最近は親子単位でも入居できる物件が出始めた。大家族さながらのにぎやかな生活ができたり、子育てで他の入居者の協力を得られたりといったメリットがある。
若者に人気の高い街、東京・代官山に立つ4階建てのシェアハウス「スタイリオウィズ代官山」(渋谷区)。11月中旬、共用のリビング(約15畳)では、入居者の女性(27)が1歳9か月の息子とくつろいでいた。息子はうれしそうに走り回ることも。「リビングが広くて、子どもがのびのびできます」

詳しくはヨミウリ・オンライン内の
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/feature/CO005233/20141119-OYT8T50078.html
まで。

ヨミウリ・オンライン http://www.yomiuri.co.jp/
2014.11.26
猫はすでに入居済み! 猫付きシェアハウスの住み心地はいかに?
住んでみたい路線として、常に上位にランクインする中央線。そのなかでも人気のある荻窪駅からほど近い住宅街に、この9月、猫つきシェアハウスが誕生した。女性3人と猫5匹が暮らす住まいなのだが、その住み心地やいかに。さっそく取材してきた。

目指したのは、「住める猫カフェ」。まったり和める空間に

「動物と入居できるシェアハウスやオーナーが動物を飼っているシェアハウスはありますが、おそらく猫つきシェアハウスは日本初だと思いますよ」と教えてくれたのは、この猫つきシェアハウス物件の企画と管理を担当するリビングゴールドの藤堂薫さん。このシェアハウスでは、40m2ほどの部屋を3室に区切り、猫と人間が共同生活を行う。入居者は全員女性で、そのうち猫の飼育経験があるのは1人、2人はまったく初めてだという。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2014/11/19/73213/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2014.11.19
会話は英語のみ! 福岡初の英語漬けシェアハウス「Discovery Hakata South」
彩ファクトリー(東京都港区)は11月1日、福岡初となる英語漬けシェアハウス「Discovery Hakata South」を福岡市博多区にオープンした。

週に2回は英会話レッスンも

同シェアハウスは、住まい環境を全て英語環境とすることで「日常的な英語漬け」を実現した賃貸住宅。入居者を本気で英語を学びたい日本人と外国人に限定し、シェアハウス内では英語のみで会話することをルールとしている。外国人との共同生活をすることで「言語だけでない文化の深い理解」を促進し、海外就労時に必要となる能力を培うために企画された。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/07/119/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2014.11.7
Rバンク、男女共用シェアハウス『鎌倉のいえ』コーディネート・見学会開催
(株)Rバンク(東京都渋谷区)は、このたび、オーナーの依頼を受け、鎌倉市材木座にある土地活用として新築寄宿舎(シェアハウス)『鎌倉のいえ』のコーディネートを行った。男女共用シェアハウスとしては、3棟目。女性専用も含めると36棟目のコーディネートとなる。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2014/11/05/72804/?vos=nsuusbsp20111206001
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2014.11.5
彩ファクトリー、英語漬けシェアハウスを福岡市博多区にオープン
(株)彩ファクトリー(東京都港区)は、英語漬けシェアハウス「Discovery Hakata South」を、2014年11月1日(土)、福岡市博多区にオープンする。
「Discovery Hakata South」は、入居者を外国人と英語を学びたい日本人に限定し、シェアハウス内では英語のみで会話することをルール化する。また、運営会社がその継続を積極的にサポートすることにより、日本にいながらにして海外留学環境を日常化できることが特徴。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2014/10/29/72314/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2014.10.29
「女性3人+5匹」全国初の猫つきシェアハウス 「このまま一緒に住み続けたい」
近年、急速に広まりつつあるシェアハウス。そこに、さらに新しいスタイルが誕生した。同居人が5頭の猫だという「猫つきシェアハウス」だ。その狙いは、捨てられて殺処分される猫を少しでも減らすことにある。(内村コースケ/フォトジャーナリスト)

もともと猫がいる空間に人間が入る

全国初の「猫つきシェアハウス」は、東京・杉並区内のマンションの一角にある。フロアの一部をリフォームし、4.5畳の居室3部屋とリビングダイニング、風呂・トイレなどの共有スペースを作った。計40平方メートルのこじんまりとしたシェアハウスだ。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2014/10/22/270/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2014.10.22
【ステップアップ】オークハウス 「シェアハウス」の魅力広げる
 ■入居者同士の交流も創出

 複数の入居者でキッチンやバス・トイレなどを共用するシェアハウス。割安なうえ、設備が充実し、入居者同士が交流できるとあって、利用者は急激に増えている。オークハウスは、そのシェアハウスを首都圏で多数運営している業界最大手だ。
 シェアハウスは、マンションやアパートと同じく個室を備える一方、キッチンやバス・トイレ、ラウンジを共用するタイプの賃貸住宅だ。最近の物件はバーやジム、映画鑑賞室を備えるなど、豪華な設備を売りにしたものが多い。

詳しくは、SankeiBizサイト内の
http://www.sankeibiz.jp/business/news/141020/bsl1410200500003-n1.htm
まで。

SankeiBiz http://www.sankeibiz.jp/top.htm
2014.10.20
シングルマザー支える家 人違い射殺の遺族開設
7年前、入院中の夫が暴力団関係者と間違えられて射殺された佐賀県武雄市の宮元篤紀あつきさん(42)が20日、同県鳥栖市にシングルマザーの家族専用シェアハウス「にじいろハウス」を開設する。同様の施設は九州では珍しく、事件後に2人の息子を育ててきた宮元さんは「同じ境遇の家族が支え合い、前向きに生活できる場にしたい」と話している。

詳しくはヨミウリ・オンライン内の
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20141018-OYS1T50061.html
まで。

ヨミウリ・オンライン http://www.yomiuri.co.jp/
2014.10.19
《経済》 高齢女性もシェアハウス
◆浜松にオープン、入居者募集

介護事業所を経営するケアホームきんもくせい(浜松市西区)が、単身の高齢女性のためのシェアハウス「さらの木」を同市中区富塚町にオープンし、入居者を募っている。
募集するのは、介護を必要としていない元気な高齢女性八人。二階建ての店舗だった建物を改装し、約六畳の八部屋を用意した。各部屋に一人ずつが入居し、居間や台所、風呂などは共用。日中は介護職員が常駐する。

詳しくは、中日新聞CHUNICHI WEB内の
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20141015/CK2014101502000095.html
まで。

中日新聞CHUNICHI WEB http://www.chunichi.co.jp/
2014.10.15
廃業旅館がシェアハウスに 若者視点で改装
山形市の東北芸術工科大の教員や学生らのグループが、中心市街地の空き物件の解消に取り組み、実績を上げている。若い世代の発想を生かして改装などを担う「山形R不動産」を産学連携で結成。県内外から参加者を募り、幅広い観点から店舗活用のアイデアを練るワークショップも開催し、ノウハウを広げている。
地方都市で深刻化する空き店舗問題の解決を図ろうと、同大の馬場正尊准教授(建築設計)が中心となって2009年に取り組みを開始した。

詳しくは、河北新報ONLINE NEWS内の
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141013_55003.html
まで。

河北新報ONLINE NEWS http://www.kahoku.co.jp/
2014.10.13
シェアハウスみたいな企業寮「月島荘」。どんな人が住んでるの?
企業の寮というと会社が一棟まるごと借り上げた建物で、若手社員が共同生活を営むものといったイメージ。ですが、最近ではそこから一歩進んだまったく新しいタイプの企業寮も登場しているようです。

そのひとつが今年1月に本格稼働がスタートした「月島荘」(東京都中央区)。企業向けの社員寮でありながらシェアハウス的な要素を取り入れ、さまざまな企業の社員が入居。他業種かつ多世代のビジネスパーソンが活発に交流できるとのことで、いわば毎日が異業種交流会みたいな感じでしょうか。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2014/10/09/70756/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2014.10.9
留学生向けシェアハウス 前橋に
前橋市千代田町の弁天通り商店街に11月、留学生向けのシェアハウスが開設される。就労支援スペースも併設する。入居できるのは4人と少数だが、留学生の居住場所の確保や就職につなげ、県内での定住を進めるのが狙いだ。

詳しくはヨミウリ・オンライン内の
http://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20141006-OYTNT50415.html
まで。

ヨミウリ・オンライン http://www.yomiuri.co.jp/
2014.10.7
シェアハウス入居女性に「就職支援」開始 適職紹介で「ブラックバイト」防げるか
人材サービスのアデコは、シェアハウスの入居者・入居予定者の女性を対象に「就職支援」を開始する。シェアハウスを運営するスマートライフ社と提携するというが、どのような仕事を、どのような形で紹介するのだろうか。

詳しくは、BLOGOSサイト内の
http://blogos.com/article/95818/
まで。

BLOGOS http://blogos.com/
2014.10.3
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
waht's newすべて見る
【お知らせ】ソーシェアがプロデュースする【ソーシェアハウス 泉町】2015年8月オープン!
2015.8.10
【イベント】NPO法人ソーシェア2周年パーティを開催いたします!
2015.1.31
【お知らせ】モノづくり発信拠点 「TuKuRu-ツクル-」 オープン!!
2014.12.20
【お知らせ】ソーシェアハウス西今川での、野菜販売レポートを掲載しました。
2014.12.4
【イベント】シェアハウスで新鮮野菜の朝市をします!
2014.11.28
手元供養専門店cocon -ココン-
ソーシェアハウスでできること
ソーシェア会員募集中
 
お問い合わせ 組織概要 プライバシーポリシー ご利用規約 サイトマップ
Copyright (C) soshare All Rights Reserved.