social×share=soshare 社会の問題をシェアで解決! soshare houseで彩りある暮らしを。
文字サイズ
ホーム
ホーム ソーシェアハウスとは 訪問記 ニュース ソーシェアハウスを探す メンバー登録 プロデュースハウス
検索
ID PASS
ID・PASSを忘れた方はコチラ
ホーム > ニュース
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
シェア・デザイン、最長2ヵ月家賃無料のシェアハウス『シェアレジデンス国分寺』オープン
(株)シェア・デザイン(東京都渋谷区)は、『シェアレジデンス国分寺』(東京都小平市)を、2015年3月21日(土)にオープンする。
今回、社員寮として使われていた建物を、オーナーから依頼を受け、新たな活用法として同社がシェアハウスにリノベーション。各部屋には、ベッド、机、椅子、カーテンなど最低限必要な家具を備え付けている。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/03/14/80174/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.3.14
スマートライフ、異業種と連携し自社ブランドのシェアハウス居住者にサービスを拡充
東京都内中心に女性専用の寄宿舎シェアハウスを運営する(株)スマートライフ(東京都中央区)は、2015年3月から異業種との連携強化により、寄宿舎シェアハウスの自社ブランド「かぼちゃの馬車」の居住者に対するサービスを拡充すると発表した。
同社が運営する「かぼちゃの馬車」などの寄宿舎シェアハウスは、入居の際に初期費用、保証人は必要なく家賃は月額5〜9万円(光熱費、インターネット代含む)と転居などの費用が大幅に削減できることが特徴。物件は全て新築なうえ、防犯設備が整い、家具・家電備え付きの一人部屋なので都内での生活を比較的容易に始めることができる。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/03/14/80164/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.3.14
福岡リノベース、ネコ付きシェアハウス「Q邸」4/1福岡市にオープン
(株)福岡リノベース(福岡市中央区)は、DM都市開発(株)(福岡市中央区)と共同で、ネコ付きシェアハウス「Q邸」を2015年4月1日(水)、福岡市南区平和にオープンする。
同シェアハウスは、ネコを飼いたくても、物件の制約や世話の不安などの理由から飼えずにいた人たちに、シェアハウス内で共同飼育することでネコとの暮らしを気軽に体験してもらえるようにしたコンセプト型シェアハウス。3匹のネコとの生活を楽しむことができる。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/03/12/79972/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.3.12
街行く人に聞いてみました! シェアハウスって興味ある?
男女6人がシェアハウスで共同生活をするリアリティ番組『テラスハウス』。その劇場版が、2月14日より公開中だ。
番組の影響もあり、注目されるようになった“シェアハウス"だけど、みんな実際はどのぐらい興味があるんだろう? そこで、18歳〜29歳の男女349人に「シェアハウスに興味はありますか?」と、アンケート調査を実施!

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/27/78816/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.27
シェア・デザイン、高齢者との共存型シェアハウス東京・墨田区にオープン
(株)シェア・デザイン(東京都渋谷区)は、異世代コミュニケーション型シェアハウス『クイーンレジデンス住吉』(東京都墨田区)を、2015年2月1日(日)にオープンした。
『クイーンレジデンス住吉』では、高齢者との共存型シェアハウスを目指している。建物2階部分を老人ホームとして運営し、3〜5階がシェアハウス、1階にはデイケアサービスと大型浴場、入居者の共有スペースとしてラウンジやビューティーサロンを設けている。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/24/78721/?vos=nsuusbsp20111206001
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.24
空き家をシェアハウスに
横須賀市の空き家対策に取り組む関東学院大の学生たちが、同市追浜町の空き家を改築するプロジェクトを進めている。地域との交流を深めながら、設計図の製作や資材搬入などを行い、4月からは同大の学生3人が入居するシェアハウスとして活用する。(光尾豊)
 プロジェクトの中心は、同大人間環境学部4年の工藤達矢さん(22)と佐藤勇希さん(22)。2人は居住環境の授業で、横須賀市で空き家問題が深刻化していることを知った。

詳しくはヨミウリ・オンライン内の
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20150216-OYTNT50394.html
まで。

ヨミウリ・オンライン http://www.yomiuri.co.jp/
2015.2.17
立地、賃料、室内設備……。 シェアハウスを選ぶ際に重視する点はどこ?
「学校・職場の沿線」「市街地や主要駅へのアクセスがよい」「家賃が安い」。これらは以前にマイナビ賃貸で調査した“一人暮らしの部屋選びで気にするポイント"の上位3つに上がった項目です。では、もし「シェアハウスのお部屋探し」をするなら……、あなたは何を優先させますか? 今回マイナビ賃貸ではマイナビニュース会員300名を対象に「シェアハウスを選ぶならどんなポイントを重視して選ぶか」について調査しました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/14/238/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.2.14
アニメーターの「トキワ荘」に シェアハウス本格運営へ
収入が少ない若手アニメーターが低家賃で住め、実力派の先輩と交流もできるシェアハウスの運営が今春、東京・阿佐谷で本格化する。NPO法人が運営し、費用の一部にインターネットで募った寄付金を充てる。めざすのは、かつてマンガ界の巨匠たちが巣立った「トキワ荘」のような、若い才能が互いを磨き合う場だ。

詳しくは、朝日新聞デジタル サイト内の
http://www.asahi.com/articles/ASH1Q0GWNH1PUQIP03G.html
まで。

朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/
2015.2.14
クリエイター向けシェアハウス「箱庭の住めるアトリエ」(東京都杉並区)入居者募集開始
女子クリエイター向けメディア「箱庭」(RIDE MEDIA&DESIGN(株)運営)がプロデュースするシェアハウス「箱庭の住めるアトリエ」(東京都杉並区善福寺)の入居が、3月にスタートする。
同物件は、「西荻窪」と「上石神井」のほぼ中間に位置する閑静な住宅街にあり、善福寺公園や井草八幡宮も徒歩圏。コンセプトは、『新しい“モノ・コト"が生まれる!素敵な暮らしを創るアトリエ付きシェアハウス』

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/14/78148/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.14
Rバンク×フィル・カンパニー、共同企画6棟目のシェアハウス京都市で見学会開催
(株)Rバンクは、(株)フィル・カンパニーと共同でコーディネートを行ったシェアハウス『sharely京都三条』の見学会を、2015年2月20日(金)に開催する。
同プロジェクトは、フィル・カンパニーと地主との間で進められていた駐車場の有効活用にRバンクのシェアハウスコーディネートを組み合わせたもの。フィル・カンパニーでは、既存の駐車場を確保したまま収益物件となる建物を建設する『フィル・パーク』システムを展開しているが、一般商業テナントについては立地の制限が大きく、住居系用途地域で利用できるテナントとしてシェアハウスを活用している。今回は『フィル・パーク京都三条』2・3階部分に共同企画6棟目としてコーディネートを行った。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/14/78146/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.14
そもそもから最近の物件まで 話題のシェアハウスまとめ
男女6人のシェアハウス生活に密着したテレビ番組「テラスハウス」が話題となったこともあり、以前よりだいぶ認知度があがってきた感のある「シェアハウス」。なんとなくのイメージはあるものの、実際に物件を探したり、住んだことがある人は多くなく、シェアハウスがどんなものなのかを知っている人は少ないのではないだろうか。そこで今回は、これまでSUUMOジャーナルで紹介してきたシェアハウス関連の記事を振り返りながら、シェアハウスとはどんなものなのかを紹介しよう。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/13/77827/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.13
入居者が自らリノベーションに参加したシェアハウスがオープン
リノベーション作業に入居予定者が携わったシェアハウス「ユウトヴィレッジ」(http://suumo.jp/journal/2014/06/17/64354/)が、一部工事を残しながらも無事昨年末に入居が完了した。「みんなでつくるシェアハウス」をコンセプトにはじまったこのプロジェクトの裏には、果たしてどのような物語があったのだろうか。
空き家となった祖父母宅の有効利用を模索するところからスタート

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/02/10/77741/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.2.10
家賃は「3万円」まで!? “シェアハウス"に住むならいくらまで出せる?
近年、若者を中心に人気のシェアハウス。ひとつ屋根の下での共同生活は家賃や光熱費などの固定費をルームメイトと折半して支払うことで、一人暮らしよりも費用を抑えられることがメリットに挙げられます。あなたはシェアハウスに住むとしたらいくらで住みたいですか? 今回マイナビ賃貸では300人を対象に、シェアハウスに住むならどのくらいの家賃まで出せるかどうか調査しました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/23/298/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.1.23
多文化共生NPO発足へ 来年度、留学生ら シェアハウス受け入れ
 留学生や日本人学生が暮らすシェアハウスの運営や留学生の就職支援などを通し、草の根の文化交流の推進を目指すNPO法人「多文化共生ぐんま」が来春発足する。生い立ちも職業も違うメンバーたちは「外国人がスムーズに地域に入っていける土壌をつくり、地域活性化にもつなげたい」と目標を掲げている。(伊藤弘喜)
 NPO法人のメンバーは、群馬大と県が開設した社会人向け教育プログラム「多文化共生推進士養成ユニット」の履修生や修了生ら十数人。会社員や社会福祉士、行政職員、民宿経営者など、さまざまな職業の人が、多文化共生の理念の下に集まっているのが特徴だ。

詳しくは、東京新聞TOKYO Web内の
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20141220/CK2014122002000179.html
まで。

東京新聞TOKYO Web http://www.tokyo-np.co.jp/
2014.12.20
本当にあった! 恋が芽生えるシェアハウスの特徴
キレイなお部屋に格安で住めるだけでなく、一緒に住む人たちと時間や経験を共有できることでも人気のシェアハウス。
最近映画作品でまた盛り上がってきている『テラスハウス』みたいに、恋と友情の間でドキドキするような暮らしもしてみたい!
そこで、数多くのシェアハウスを管理している「オークハウス」の広報、寺内彩乃さんに、カップルが生まれやすいシェアハウスの特徴や、シェアハウスの賢い選びかたについてお聞きしました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/12/615/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2014.12.12
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
waht's newすべて見る
【お知らせ】ソーシェアがプロデュースする【ソーシェアハウス 泉町】2015年8月オープン!
2015.8.10
【イベント】NPO法人ソーシェア2周年パーティを開催いたします!
2015.1.31
【お知らせ】モノづくり発信拠点 「TuKuRu-ツクル-」 オープン!!
2014.12.20
【お知らせ】ソーシェアハウス西今川での、野菜販売レポートを掲載しました。
2014.12.4
【イベント】シェアハウスで新鮮野菜の朝市をします!
2014.11.28
手元供養専門店cocon -ココン-
ソーシェアハウスでできること
ソーシェア会員募集中
 
お問い合わせ 組織概要 プライバシーポリシー ご利用規約 サイトマップ
Copyright (C) soshare All Rights Reserved.