social×share=soshare 社会の問題をシェアで解決! soshare houseで彩りある暮らしを。
文字サイズ
ホーム
ホーム ソーシェアハウスとは 訪問記 ニュース ソーシェアハウスを探す メンバー登録 プロデュースハウス
検索
ID PASS
ID・PASSを忘れた方はコチラ
ホーム > ニュース
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
シェアハウスの市場性
メディアでシェアハウスという言葉をあまり見かけることが無くなりました。しかし、流行が廃れたのではなく、確実に市場が成長していると申し上げます。その中でその市場性について考えてみたいと思います。
私が東京で経営しているシェアハウス。ウェイティングリストの状態が続いていますが、今のところ空きが出来る雰囲気がありません。それを見ていたよく知る不動産屋が自分のところでもやりたいと協力を求められました。

詳しくは、BLOGOS内の
http://blogos.com/article/114084/
まで。

BLOGOS http://blogos.com/
2015.6.1
空き家再生、シェアハウスに 移住者歓迎、古民家で広がる交流
空き家だった千葉県いすみ市の古民家が、若者たちの共同生活する「シェアハウス」として生まれ変わった。母屋そばの納屋も、地域の人々に開放され、世代を超えて貴重な交流の場となっている。空き家問題が全国的に深刻化する中、地元住民と移住者とが手をつなぐ好例として注目されている。

詳しくは、産経ニュース内の
http://www.sankei.com/life/news/150530/lif1505300004-n1.html
まで。

産経ニュース http://www.sankei.com/
2015.5.30
GeNERACE、屋久島の古民家をシェアハウスとして次世代クリエイターに無償提供
(株)GeNERACE(東京都目黒区)は、Youtube上で展開している次世代クリエイター支援プロジェクト「屋久島プロジェクト」に参加するクリエイターを募集する。
同プロジェクトは、「人生の転機を探している」「自分の作品または自分自身を世界に発信したい」そんな熱い想いを持った次世代クリエイター候補者に、創作活動に没頭できる環境を提供するというもの。場所は、世界遺産である屋久島にある一軒家。電気、水道、インターネット等、創作活動のための最低限のインフラも完備している。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/05/13/83694/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.5.13
楽しいだけじゃない!? 意外と溜まる、シェアハウスの悩み3つ
デジタルだけのつながりが当たり前になってきているなか、新しい“人とのつながり作り"の1つとして注目が集まっている「シェアハウス」。首都圏や関西を中心に、その数は年々増加しているようです。しかし「楽しい」だけではなく、やはり誰かと住むということで悩みを抱え込んでしまい、退去するという人も後を絶たないのだとか。どんなことが相手にストレスを与えてしまっているのでしょうか?

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/10/333/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.5.10
シェアハウスでの生活から、多拠点生活への挑戦
マルチハビテーション、すなわち多拠点居住(生活)とは、複数の生活拠点を持つことです。ここでは、定住や移住ではなく、半定住として、都市と地方、国内と海外など、複数拠点で働いて暮らす試みを称しています。
この連載では、複数の拠点を持って生活するマルチハビテーションや、多世代、多世帯で共同生活をするシェア・コミュニティを通じた、新しい暮らし方や働き方について、実践的に挑戦していることを紹介していきます。そして、その中で直面している課題や解決していくためのハックなどを、執筆していきたいと思います。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/02/312/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.5.2
ビールサーバーや〇〇マシーンまで完備!最新型シェアハウスに泊まってみた
こんにちは、双子でタレント活動をしています、奈津子と亜希子です。
ひとつの住居を複数人で共有する「シェアハウス」。日本では約10年前から浸透しはじめ、近年はそれを題材にした恋愛観察型バラエティー『テラスハウス』(フジテレビ系)が放送され大ヒットするなど、新たなライフスタイルとして注目を浴びています。
そんななか、「超進化型シェアハウス」とも言えるほど驚きのサービスや数々のオプションがついているシェアハウスが登場したという情報を聞きつけ、実際に1泊2日で弾丸宿泊取材へ行ってきました!

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/30/230/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.4.30
シェアハウス経験がある女性に聞く、共同生活で気を付けたこととは?
職業も趣味も年齢も、さまざまな人たちが一緒に暮らすシェアハウス。最近は女性専用の建物も多いですが、男女一緒のシェアハウスだと、何かと気を使うことも多そう……
そこで、かつて男女共同のシェアハウスで暮らしていたYさん(女性/30代)にお話をお伺いし、生活の中で悩んだことなどを調査してみました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/28/362/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.4.28
シェアハウス:注目集める「猫付き」 保護猫の居場所確保
猫と一緒に住みたい1人暮らしの人向けに「猫付きシェアハウス」という物件が登場し、注目を集めている。通常は一つの住宅を複数の人が共有して住むものだが、そこに複数の猫も「同居」する。飼い主の高齢化による飼育困難などで行き場を失い、殺処分を前に保護された猫(保護猫)たちで、猫の保護団体と不動産業者が協力して運営する。住人は猫の命を救う居場所作りにも貢献できる。

詳しくは、
http://mainichi.jp/select/news/20150429k0000e040164000c.html
まで。

毎日.jp http://mainichi.jp/
2015.4.29
プロに聞く! 失敗しないシェアハウスの選び方とは?
「シェアハウス」という言葉が一般化されてきた昨今。…でも、いまいちシェアハウスの暮らしってどんな感じなのかよく分からない。 
そこで、シェアハウスを専門に紹介するサイト「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産」の運営スタッフ宋在浩(ソンジェホ)さんにお話を聞いてみた。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/04/24/82627/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.4.24
“共有スペース"があるからこそ、シェアハウスは面白い!
入居者同士のコミュニケーションを楽しめるのが、シェアハウスの魅力の一つ。施設によっては、共有スペースでイベントや講座などが開催され、交流が活発に行われているケースもあります。
今回は、現在シェアハウスで暮らし、自らワークショップを企画することもある井上晶夫さん(40代/男性)にインタビュー。一般の賃貸物件には少ない「共有スペース」を、どんな風に活用しているのか聞いてみました。

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/20/214/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.4.20
世界・地域・ヒトが交流する留学生シェアハウスが愛媛にあった
海外に行ったとき、その国の文化や風習に慣れるまでは誰でも苦労する。ましてや留学などでその国に住むともなれば、その苦労はなかなかのものだろう。日本にも多くの留学生が訪れているが、“日本の常識は海外の非常識"と言われるほど、文化や習慣が違う。馴染むまで苦労する留学生も多いようだ。
そんな留学生を支援をするシェアハウスが、愛媛県にある。NPO「シェアライフデザイン」が運営しているシェアハウスだ。ここでは留学生だけではなく、近隣の大学生や社会人など、日本人も入居できる。マンションが一棟まるごとシェアハウスというのもあれば、一戸建ても5棟あるそうだ。シェアライフデザイン代表の山本さんに、お話を伺った。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/03/30/81119/
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.3.30
Rバンク、築43年のビルを保育園やシェアハウスなどの複合施設にコンバージョン
(株)Rバンクは、東京・文京区の築43年ビル一棟を用途変更によって複合施設『koishikawa:(コイシカワコロン)』として再生する事業コーディネートを実施。工事完了に伴い、2015年3月31日(火)に完成見学会&レセプションを開催する。
同建物は、印刷業の工場・事務所ビルを保育所・店舗・寄宿舎・共同住宅に用途変更することで、地元に根付く複合型施設として再生させたもの。再投資の適性を確認するために耐震診断を実施したところ、算出された構造耐震指標Is値が建築基準法が定める基準0.6を超える数値を示したため、通常よりも高い耐震強度が求められる保育園を誘致することが可能になった。

詳しくは、SUUMOジャーナル内の
http://suumo.jp/journal/2015/03/24/80705/?vos=nsuusbsp20111206001
まで。

SUUMOジャーナル http://suumo.jp/journal/
2015.3.24
私鉄沿線の社宅貸します 都内、若者向けシェアハウスに
東京都心へ延びる私鉄沿線で、鉄道会社が老朽化した社宅を改装して貸し出す動きが出ている。人口減をにらみ、沿線に人を呼んで乗客を確保する狙いがある。

詳しくは、朝日新聞デジタル サイト内の
http://www.asahi.com/articles/ASH3M428CH3MUTIL01H.html
まで。

朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/
2015.3.24
京王電鉄:社員寮がシェアハウスと国際学生宿舎に変身
京王電鉄の社員寮(東京都多摩市桜ケ丘4)がシェアハウスに生まれ変わり、入居者を募集している。外観や間取りはほぼそのままだが、共用スペースに居間やキッチンを設け、大浴場があった場所をルームシアターにするなど大規模に改修した。居室の一部は首都大学東京の国際学生宿舎として使われるため、生活空間で国際交流も体験できる。

詳しくは、
http://mainichi.jp/select/news/20150324k0000m020013000c.html
まで。

毎日.jp http://mainichi.jp/
2015.3.23
【シェアハウス】人気急上昇! 経験者が教える「自分に合った物件」の探し方&注意点
踏み出すにちょっと勇気がいる、1人暮らし。そんな1人暮らしよりも、安心感を感じられて、防犯面から見ても1人よりは安全で、1人暮らし並みの家賃で広々としたリビングやキッチンが使える上、年齢層や国籍まで様々な人と交流できる可能性もあるので自身の成長にもつながるとして、今「シェアハウス」の人気がグングン伸びてきています。
しかし、なかなか難しいのが物件選び。「シェアハウスならどこでも同じじゃない?」と考えて即入居してしまい、失敗する人も多いんだそうです。では一体、自分に合った物件はどう見分ければいいのでしょうか?

詳しくは、マイナビニュース内の
http://news.mynavi.jp/news/2015/03/22/198/
まで。

マイナビニュース http://news.mynavi.jp/
2015.3.22
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  
waht's newすべて見る
【お知らせ】ソーシェアがプロデュースする【ソーシェアハウス 泉町】2015年8月オープン!
2015.8.10
【イベント】NPO法人ソーシェア2周年パーティを開催いたします!
2015.1.31
【お知らせ】モノづくり発信拠点 「TuKuRu-ツクル-」 オープン!!
2014.12.20
【お知らせ】ソーシェアハウス西今川での、野菜販売レポートを掲載しました。
2014.12.4
【イベント】シェアハウスで新鮮野菜の朝市をします!
2014.11.28
手元供養専門店cocon -ココン-
ソーシェアハウスでできること
ソーシェア会員募集中
 
お問い合わせ 組織概要 プライバシーポリシー ご利用規約 サイトマップ
Copyright (C) soshare All Rights Reserved.