social×share=soshare 社会の問題をシェアで解決! soshare houseで彩りある暮らしを。
文字サイズ
ホーム
ホーム ソーシェアハウスとは 訪問記 ニュース ソーシェアハウスを探す メンバー登録 プロデュースハウス
検索
ID PASS
ID・PASSを忘れた方はコチラ
ホーム > ソーシェアハウス訪問記
ソーシェアハウス訪問記

人生をより上質に、より豊かに【ペアレンティングホーム高津】

現在、日本には約1300万世帯の「子育て世帯」があり、そのうち約6.5%、約85万世帯がシングルペアレンツ、いわゆる“ひとり親世帯"です。仕事を抱えながら、たったひとりで子育てもがんばっているシングルペアレンツも少なくありません。そんなシングルペアレンツが安心して暮らせるシェアハウスとして、2012年3月にオープンしたのが、日本初のシングルマザーのためのシェアハウス「ペアレンティングホーム高津」です。

ペアレンティングホーム高津は、単に居住空間を共有するだけのシェアではありません。共通の課題を抱えるシングルマザーが暮らしをともにすることで、シングルマザーとその子どもたちの人生をより上質に、より豊かに。そんなコンセプトをもとに生まれた新しい暮らし方のスタイルです。
鉄筋コンクリート4階建てのクリニックビル、3階部分の住居スペースをリフォーム。8世帯のシングルマザーとその子どもが暮らせる空間としています。東急田園都市線「高津」駅から徒歩5分ほど。都心へのアプローチも抜群です。
住居の真ん中には約50m²の広いリビングと南向きのルーフバルコニーがあり、すぐおとなりには児童館や公園も。子育てには絶好の環境です。
居室は8.3〜10.7m²の8室。こじんまりとした空間だけど、サニタリールームや玄関のシューズストッカーなど、家族ごとの収納スペースを確保しています。
キッチンには子どものスケールにあわせたミニサイズのセカンドキッチンを併設。子どもと料理を楽しんだり、食育にも気づかえる設備を整えています。
小さな子どもにも使いやすい食器、積み木などのおもちゃも用意。子どもたちへのアメニティにも配慮がいっぱいです。
めざすのは、より豊かで上質な人生。
すべての子育て家族に心豊かな時間を。


【暮らしの共有でコミュニティをつくる】

「フルタイムで共働きする両親の家庭や、シングルペアレントの家庭など、日本でもそういう家庭が少数派ではなくなってきました。また性別にかかわらず、子育ても仕事もがんばりたいと言う人も増えています。ならば、子育てと仕事を楽しく両立できる環境があればいいな。昔みたいに、地域で子どもが育つことって、できないかな。ペアレンティングホームプロジェクトは、そんな思いからスタートしました」とプロジェクトの発起人であり一級建築士の秋山怜史さん。

その考えに賛同したシェアハウスプロデューサーの内野匡裕さん、保育事業を展開する「こどもの森ほいく者」代表の石尾ひとみさんらが集結し、プロジェクトが始動したのは2012年のこと。その後、不動産仲介業「ストーンズ」の社長・細山勝紀さんらが加わり、最適な物件をアテンドしたことで「ペアレンティングホーム高津」が生まれた。

「弊社のスタッフで子育て世代の女性が、子育てと仕事のどちらにも没頭しきれずジレンマやストレスを抱えながら日々、悶々としている。そんな姿を見て、社会には同じような子育て世代がいるはずだ。何かをしなければ、と感じました」と細山さんは、取り組みに賛同した経緯を語る。「子育てという共通の生活テーマで暮らす家族が、ともに暮らすシェアハウスがあれば、楽しみながら子育てできるコミュニティができるはず」(細山さん)。そんな狙いもあり、プロジェクトとのタッグを決めたとも。

実際、入居しているシングルペアレンツのママたちは、とても仲が良く、お互いの子どもに気配りや目配りをし合ったり。ママと子どもが集まる大家族のような、温かでほのぼのとした雰囲気に満ちたコミュニティとなっている。その関係もママたちのコミュニケーションから、自然発生的に生まれたもの。

【食と住の充実で、前向き姿勢をサポート】

 ペアレンティングホームの目標は、ひとり親家庭の親と子どもに、より上質な人生を歩んでもらうこと。それには単に住空間の提供だけにとどまらず、快適で上質な生活空間とライフスタイルを提供する必要がある。

そのひとつとして提供されたのがキッズサポートサービスだ。ベビーシッターなど託児保育とは違い、自宅で親と過ごしながら、専門の保育スタッフが見守り保育を行うサービスだ。これなら子どもも安心して遊びの時間を過ごせ、またママたちも子どもに付きっきりの閉塞感から開放され、気持ちに余裕をつくることができる。さらにキッズサポートサービスの日には、スタッフが食事も用意。子どもたちが食べやすい仕立ての野菜料理と玄米のナチュラルミールを揃えてくる。

「人にとって食と住は生活の基盤。そのいずれも充実させることで、前向きな気持ちで進もうとするシングルマザーが、さらに前進しようという気持ちになれます。シェアハウスはそのためのプラスαを提供する場所。贅沢でなくとも、充実した暮らしの空間と丁寧につくられた食に接して、それらを大切だと感じてもうことで、相乗的に向上させることができるのではないかと考えました」と内野さん。子育てする親とその子どもが、より上質な子育てと成長の時間を得て、より良い人生を歩むための場所。ペアレンティングホームは、そのために共生する居住空間だと言える。

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆

運営者
株式会社ストーンズ 細山勝紀さん

東急田園都市線沿線で賃貸管理を行う株式会社ストーンズの代表。自身が賃貸プロデューサーとして、賃貸物件の仲介や土地活用・企画設計など、賃貸に関わる全般に携わっている。シェアハウスに暮らす人が「暮らし」のコミュニティを形成する中で、より豊かで上質な日常を過ごす様を見て、コンセプトシェアハウスの企画運営に取り組むように。「自分が手がけたシェアハウスを訪問し、そこに住まう人たちの笑顔に接することが、何よりのやりがい」と語る。


写真提供:オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産
http://www.hituji.jp/

人生をより上質に、より豊かに【ペアレンティングホーム高津】
2013.3.29
   
 1 
イベント(0)
お知らせ(0)
訪問記(1)
セミナー(0)
 
waht's newすべて見る
【お知らせ】ソーシェアがプロデュースする【ソーシェアハウス 泉町】2015年8月オープン!
2015.8.10
【イベント】NPO法人ソーシェア2周年パーティを開催いたします!
2015.1.31
【お知らせ】モノづくり発信拠点 「TuKuRu-ツクル-」 オープン!!
2014.12.20
【お知らせ】ソーシェアハウス西今川での、野菜販売レポートを掲載しました。
2014.12.4
【イベント】シェアハウスで新鮮野菜の朝市をします!
2014.11.28
手元供養専門店cocon -ココン-
ソーシェアハウスでできること
ソーシェア会員募集中
 
お問い合わせ 組織概要 プライバシーポリシー ご利用規約 サイトマップ
Copyright (C) soshare All Rights Reserved.